パーフェクトペリオが賛否両論の理由

パーフェクトペリオが賛否両論の理由

パーフェクトペリオとは、歯周病菌や虫歯菌を殺菌する効果があると注目されています。
しかし歯科医の間でも、パーフェクトペリオに関しては、賛否両論で意見が分かれています。
画期的な予防法であり、治療効果も高いと推進する歯科医もいれば、あまり効果が見られないから使用するべきではないと否定する歯科医もいます。

 

専門家の間で、意見が分かれているのに、素人判断で使用するべきなのかどうか、判断する事は難しいですよね。
ではなぜパーフェクトペリオは、歯科医の間で賛否両論に分かれてしまうのでしょうか?

 

その理由は、いくつか考えられます。
まずパーフェクトペリオは、比較的新しく2005年に販売されたのが始まりです。
医療は年々進化しますが、その全ての進化が受け入れられる訳ではありません。

 

実例が少なく、長期使用を続ける事で、どのような効果が得られるのか未知数な部分があります。
そのため安全性を考慮して使用しない歯科医もいる訳です。

 

そもそも治療方針に関しては、歯科医は1人1人異なっています。
だからこそセカンドオピニオンの必要性がある訳ですが、必ずしも1人の歯科医の意見が正しいとは限りません。
専門家だから、治療方針を間違えないとは言えません。

 

人は誰でも間違いを犯してしまうものです。
また治療に関しては、メリットとデメリットの双方があり、どちらに重点があるのかで選択基準が変わってきます。
つまりどちらが間違っていると一概には、言えないケースも少なくありません。

 

パーフェクトペリオに関しても、治療方針の違いにより賛否両論が分かれてしまうので、賛成派と否定派のどちらの意見も聞き、最終的にどちらの意見を支持するのか、決めるのはあなた自身です。